フォトアルバム
Sakura Calendar

◆R3 むろこっ子 日曜美樹館◆ Feed

2020年12月 4日 (金)

021204 見てね授業(78)

 小春日和の日が続きます。山々はまだ雪化粧をしていないようです。朝のあいさつ運動(今週の当番は3年生34名)も元気で、登校する児童たちを励ましてくれています。2回目の空き缶回収も順調でした。各家庭のご協力ありがとうございました。

Img_4469_2どこまでも青い空 村岡山に林立する杉の緑 昼下がりの暖かい陽光を浴びる校舎の白い輝き 私は、この風景が大好きですImg_44963年 外国語活動「What is this?」 画面に映し出された物の正体を答えますImg_4498S1「体温計です」 当たりです 白木支援員「体温計は、サーモメーター(thermometer)と言います」Img_4499T「これは何だろう 教室の中にありそう」 S2「ダストって?」S3「黒板消しです」Img_4504白木支援員「正解 黒板消しは イレイサー(eraser)と言います」 what is this?の表現をクイズ形式で楽しみましたImg_45051年 音楽「ほしぞらのおんがく」 タンバリン、鈴、カスタネットなどを使って 星空の様子を「夕方・夜・もうすぐ朝」の3場面のストーリーを作って楽器演奏しますImg_4506G1「昼の様子は・・・ 僕はタンバリンを叩くよ」Img_4508担任の先生も加わって音楽づくりです 来週の金曜日に演奏発表会ですImg_45104年 体育「機械運動」 S1:傾斜のあるマット(補助教具)を使って後転Img_4512S2:体側が伸びて美しい側転 手もしっかりと着いていますImg_4514S3:台上前転 頭頂を台上に乗せますImg_4517S3:そして台上で前転して着地 4年生にしてはレベルが高い技能です(5,6人ができています)Img_4521後片付けも協力して マットは重くて結構大変なのですImg_45232年 国語「かたかなで書くことば」Img_4522T「黒板にあるカタカナや教科書にあるカタカナを使って文を作りましょう」Img_4525S1「ライオンがハンバーグを食べる」 最近学習した主語と述語をはっきりさせて、何をどうした(目的語)についても表現しますImg_4526S2「マリオがクリボーをふんで ゴールして つぎのコースにすすんで キノコをブロックからとり出す」 長い文ですがゲームのカタカナ語がたくさん使われていますImg_45295年 算数「見積もりを使って考えよう」 Img_4530T「5年生と6年生の人数を足した人数を見積もってみよう」 基準より多い・少ない 高い・安いなどを考えて見積もる学習ですImg_4531「学びを生かそう」の教科書 発展的な学習の内容でしたImg_4527ひまわり学級「中学生と交流」 ZOOMを使っての遠隔交流です S1「理科は どこで勉強するのですか」 中学生「理科室ですることがほとんどです」Img_4528S2「部活動はいつするのですか」 中学生「火曜日から金曜日の放課後です 土曜日もあります」 最初は中学生の発表を聞いて、その後に質問をしてましたImg_45326年  音楽「旋律づくり」 和音に含まれる音を使って旋律を作ります(右)Img_4535S1「聞いて この旋律の音はどう」 リコーダーで自作の旋律を奏でますImg_4536S2「リコーダーを吹く前に 手拍子で自分の旋律を・・・」Img_4538S3「イイ感じの旋律になっているね」

 

2020年7月26日 (日)

020726 むろこっ子「日曜美術館(3)」

 ミニ夏休みと言ったところの4連休が今日で終わり。淫雨が続き、空気が肌にまつわりつくような蒸し暑い一日となりました。来週も天気は曇り空の行進。からっと晴れ渡る梅雨明けが待ち遠しいです。

 それでは、3回目の「日曜美術館」をご紹介します。Img_17652年生 「ひみつの卵」 卵の中からある生き物が生まれる様子。 何が生まれたかは完成するまでの秘密です。色鮮やかですね。Img_17662年生 男児の作品。男の子らしい劇画タッチです。キングギドラのような恐竜(怪獣?)、3体の恐竜らしきものが一つの卵から生まれる発想がおもしろい。Img_17672年生 女児の作品。女の子らしいやさしい構図。卵の模様が生まれた動物(ねこ、いぬ?)の愛らしさを惹きたてます。Img_18382年生 国語「スイミー」の完成画。80匹以上の形や大小の異なる真っ赤な魚が「巨大なスイミー」になり、黒いまぐろを追い返します。国語と図工の教科横断的学習です。Img_18392年生 スイミーの中には、いろいろな形の魚が。小さい魚もがんばって魚影の群れの一員です。Img_18401年生 生活「あさがおの花」 紙を折って「朝顔の葉の色」をしみこませて広げたものです。折り方によって模様が幾何学的に広がります。Img_17331年生 朝顔の葉の色を染込ませた作品を貼り付けていきます。どんどん増えていきそうです。Img_18493年生 理科「昆虫の切り絵」 色紙を使った昆虫の切り絵をトイレットペーパーの芯に張り付けた作品。校舎の中庭や裏山の村岡山に生息している「アゲハ蝶」「トンボ」「クワガタ虫」「かぶと虫」「カナブン」など夏の「むしむし大行進」です。Img_18896年生 図工「はにわ」 ペットボトルに紙粘土でカラフルな「埴輪(はにわ)」を模ったものです。社会科では、歴史の学習が始まり古墳時代の「埴輪」についても学んでいます。Img_18906年生 こんなエキセントリックな埴輪も。隣の埴輪が口を開けて何か言っています。Img_18834年生 教室の後ろにいたこんな新聞紙作品を一体確認。ネコ科の動物でしょうか。

2020年7月12日 (日)

020712 むろっ子「日曜美術館(2)」

 梅雨の合間の曇り空。しっとりとした湿気をふくんだ空気のせいで、村岡山が近くに見えます。来週も晴れ間が見られなさそうです。青い空とまぶしい太陽の光が待ち遠しいです。

 それでは、2回目の「日曜日美術館」をお楽しみください。        (文責:北内)Img_1693_25年生 「心のもよう」 自分の心の中を6画面で表現しました。Img_1695_25年生 左上段は太陽と地球 上段中央は惑星 色とりどりの星たち コスモス(宇宙)の中にいる広がる無限のイメージ。 私の勝手な解釈です。Img_1696_21年生 「消防車」 市消防署の見学時に描いた消防車 クーピー画ですが、画用紙いっぱいに生き生きと描いています。Img_1697_21年生 2人の児童だけが、消防車の「正面」を描いていました。大体は、物の特徴を表す側面を描くことが多いのですが、正面から描くとは。1年生では中々、見られないセンス。逸品です。Img_1709_26年生 「短歌」 国語の作品です。 橘曙覧の「たのしみは」で始まる短歌。夕飯時の家族団らんの温かい雰囲気が感じられます。父さんが、「毎日話す」ところがいい。そして、みんな笑顔。Img_1713_22年生 バックを青に、きらびやかな光が散乱。虹のような光線がその子の心を表出しています。中断左から2番目の作品は、色や形がユニーク。Img_1714_22年生 「海の中」 海の絵と言ってもここは海中。くらげ、えび、いか、さかな いろいろな生き物が自由におしゃべりしています。海は自由のシンボル。すべては海から誕生したのです。Img_1715_2全学年 毎月2回、水曜の大昼休みに行っている「むろこっ子タイム」 ペア学年で楽しむレクリエーションタイム。今回は「七夕クイズ」 ペアで校舎内を巡り七夕に関するクイズを解いていきます。最後は、お互いの願いを短冊に書いて貼り付け。これで願いが叶いました。Img_1716_21年生 「ごちそうパーティー」 自分の好きな「ごちそう」を粘土で造形。ラーメンからぎょうざ、丼ものまで様々。私の好物のカレーパンを作ってくれた児童もいました。ありがとう。Img_1059_21年生 これは6月中旬に製作された作品。「ドローン」ですよね。すごい。時代の最先端をいっています。私が小学1年生の頃には、予想だにしなかった、いや作ることもできなかった絶品。Img_1723_24年生 「みどりの絵」 偏に「緑」と言っても、ここは自然一般にイメージを広げています。SDGsの教育の一つです。手前の作品は「コスモスの花、緑の山々(稜線の輝きがグッド)、輝く星たち。三日月の一部」。一日がすべてが描かれています。Img_1724_24年生 中央のひまわり。ぱっと咲いたような感じで明るく清潔に笑っています。3本のひまわりは家族を象徴しているのだろうか。この児童は、きっとゴッホの「ひまわり」を見たことがあるのだろう。