フォトアルバム
Sakura Calendar

« 2月18日(木) 給食紹介 | メイン | 2月19日(金)給食紹介 »

2021年2月18日 (木)

030218 見てね授業(93) モルモット飼育で「生命尊重」

 まとまった降雪がありましたが週末は落ち着き、気温が高くなるそうです。久しぶりの早朝の雪あきもまんざらではありません。

 1年生が2年生から引き継いだ「モルちゃん(モルモット)」 の飼育について18日、1年生が地元のかわぐち動物病院と県動物愛護センターの出前授業を受け、これから始まる生命尊重の学習へ取り組むことになりました。

Img_52041年 生活科「動物の飼育」 今回は学級で飼育することになったモルモットの心臓の音を聞いてみましたImg_5202「4歳のモルモット(人間で言うと40歳)に触れて 聴診器でこんな感じで心臓の音を聞いてみましょう」Img_5209S1「暖かくて ふさふさしているな」 実際に手で触れて目の前の動物の生を感じますImg_5211「最初に 自分の心臓の音を聞いてごらん」Img_5214「次に モルモットのここに当てて 心臓の音を聞いて」 人間とモルモットの心臓の打つ速さの違いに気づきますImg_5215_2S3「モルモットの方が 心臓の音が速いな」 大きな動物ほど心臓の打つ速さは遅いのです ベストセラー「ゾウの時間 ネズミの時間」を思い出しました

 動物愛護センターの肩によると県内で動物を飼育している学校は、本校を合わせて5校ぐらいだそうです。児童たちは貴重な生命尊重の学びをしているのです

コメント

コメントを投稿